メタボメ茶 カフェイン

メタボメ茶にカフェインはどのくらい含まれているの?

 

 

 

 

メタボメ茶は家族全員で楽しむことができる健康茶です。ダイエットはもちろんのこと、体調管理にも使うことができますね。
お子さんとも問題なく共有することができるメタボメ茶ですが、カフェインの量は気になるかもしれません。

 

特に小さなお子さんと一緒に愛用するのであればどれくらいカフェインが含まれているか?ということについては親御さんは把握しておくべきです。

 

摂り過ぎると体に悪影響があるかもしれないカフェインはメタボメ茶に配合されているのでしょうか?

 

 

 

メタボメ茶にカフェインは含まれていない?

 

 

 

 

結論から言うとメタボメ茶にはカフェインは含まれています。

 

ですがその量はすごく微量なので体に悪影響を与える心配は一切ありません。

 

メタボメ茶は100mlあたり7.5rのカフェイン量とされています。

 

緑茶でさえ100mlあたり50r前後のカフェイン量と言われているのでメタボメ茶がどれだけ微量かは比べると一目瞭然ですね。

 

ちなみにコーヒーは150r前後のカフェインを含みます。

 

 

メタボメ茶のカフェイン量は非常に微量ですので、悪影響どころか良い影響しか与えません。

 

夜飲んで覚醒して眠れなくなったりするほど多量のカフェインではないので小さな子供さんが飲んでも心配することはまずありません。

 

 

 

カフェインは体に悪いって本当?

 

メタボメ茶に含まれているカフェインの量を心配したということは、体に悪影響があるのか?というこのを気にされているはずです。

 

もちろんカフェインを過剰摂取しすぎてしまうとカフェイン中毒など命の危険すらありますからね。

 

メタボメ茶を飲んでそんなことには絶対になりませんので安心して下さいね。

 

麦茶・ほうじ茶と比べてもメタボメ茶のカフェイン量はより少ないのです。

 

夏にスポーツをする時などには麦茶・ほうじ茶を水筒に入れて大量に飲んだ経験は誰にでもあるのでは?

 

それで健康を害した人なんていないはずです。メタボメ茶はそれよりもずっと少ないカフェイン量ですのでまずカフェインの悪影響の心配は一切ありません。

 

 

 

 

メタボメ茶ほど少ないカフェイン量であれば子供さんが飲んでも安心できます。

 

微量のカフェインであれば、脂肪燃焼効果や血の巡りを良くする作用があるのです。

 

カフェインが過剰摂取さえしなければ怖いものではありません。

 

メタボメ茶を1日1?飲んだとしてもカフェインの過剰摂取には程遠いのです。

 

とにかくカフェインについては全く心配はいらないということですね。

 

 

おすすめ記事

 

⇒メタボメ茶の口コミ・効果